• Herden4
  • Herden3
  • Herden2
  • Collage-20190601-14_11_37
  • Herden1
  • Img_20180927_085839
  • Img_20180716_164502
  • Img_20180501_180504
  • Img_20180601_123816
  • Img_20180602_185420_2

« いろんなアプリ1 | トップページ | 職員カード »

2018.12.10

お菓子作り

専属代替職員(契約職員)になって、あれよあれよ3ヶ月が経ちました。
KPといってコンタクトパーソン、入所者の担当にもつきました。
私は仕事時間が100%ではないので2人の入所者さんの担当です。
KPは基本的にその人に必要なモノの確認や、シャワーや部屋の掃除の責任です。あと病院へ通院するためのタクシーなどの手配。
あとは家族と話をするときには基本このKPがします。が、内容によっては看護師さんにふっちゃうのです。
ケアプランなど立て直すためのミーティングをするときは本人、ご家族、看護師、担当の准看が日程を合わせてプランの変更などの話し合いをします。それ以外では看護師と准看による打ち合わせでケアプランの続行の有無を決めます。

 

さてさて、タイトルのお菓子作りとは。。。

Collage-20190601-14_11_37

大抵の部署ではKÖK(キッチン)担当になった人が午後のお茶の時間用にケーキやら、パン菓子、お菓子など焼きます。
私も職場で揉まれw なんだかんだで簡単なケーキやパン菓子は1−2時間以内で作れるようになりますた。
写真のパウンドケーキはりんごのシナモンパンです。
FIKA(コーヒータイム)が頻繁にあるスウェーデンではお茶菓子は必須です。

« いろんなアプリ1 | トップページ | 職員カード »

北欧ライフ仕事」カテゴリの記事